「クラウドクレジットと考える社会インパクト投資セミナー」開催報告!

コミュニティブログ > 社員コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年6月18日。茅場町にあるCAFE SALVADORにて、クラウドクレジットとして初めての社会インパクト投資セミナーを開催しました!

ESG投資や、インパクト投資、SDGs、CSR・・・。
聞いたことはある、気になるけれど、なんだかよくわからない、勉強してみたい!
そんな方々に向けて発信していきたいという想いから、こちらの企画を進めました。
 
イベントは50名の定員に対して満員御礼!
雨の中たくさんの方にご出席いただき、社員一同、感謝でいっぱいです。

 

なぜ社会インパクト投資セミナーを開催したのか?

 
そもそも、なぜクラウドクレジットが社会インパクト投資のセミナーを開催したのか?というギモンにお答しますと。。。
当社では2014年6月のサービス開始当初から、「経済的リターンと社会的リターン」の両立を目指す投資や融資を世界中で行ってきました。
今年5月には累計出資額100億円も突破し、今後も積極的に当該分野の拡大を目指す過程で、社会インパクト投資の推進に向けさらに積極的に取り組んでいくという方向性が明確になってきたのです。
 
 
●社会インパクト投資に関するファンドの一例
ペルーマイクロファイナンス支援ファンド
メキシコ女性起業家支援ファンド

 

 

社会性と経済性の両立を目指す 「社会インパクト投資宣言」を発表します!

 
ただ、「社会インパクト投資を推進します!」といっても、どういう定義で、どう考えて何をやっていくのか?この部分が曖昧になってしまいがちです。
そこで、当社では6月18日に【宣言書】を発表して、今後のスタンスを明確に打ち出しました。
それがこちらです。
 
【宣言書】
クラウドクレジットは、社会インパクトを生み出す世界中の事業者への投資を積極的に進めます。
また、その社会インパクトを定期的、継続的にモニタリングし、その情報を公開します。
高い社会インパクトを作り出す事業者に資金が集まり、
彼らが事業を拡大することによってポジティブな変化が投資先の国や地域に広まっていく。
私たちの社会インパクト投資は、こうした流れを作り出すことに貢献していきます。
 
 

プレスリリースはこちら!

 

 

プロジェクト推進メンバーが登壇!インタラクティブに盛り上がりました
 

登壇は、社会インパクトに関するプロジェクトをメインで推進している4名!この日の為に、何度も打合せを重ねてきました。
約1時間30分、お伝えさせていただいた内容はこちらです。
 
●クラウドクレジットのコンセプト
●そもそもインパクト投資とは?いろいろな関連用語の説明と併せて~
●当社のインパクト投資の取り組み事例のご紹介
●当社のインパクト投資の今後の展望

 


 

終了後のコミュニケーションタイムもかなり盛り上がりましたよ!
 


第2回も鋭意企画中です!


今回、少人数制で開催したところ、あっという間に定員になってしまい、参加できなかった方もたくさんいらっしゃいました。
そんな声にお応えして、現在8月に社会インパクト投資をテーマにしたコラボセミナー、9月以降にはさらにブラッシュアップした第2回目の単独セミナーなどを鋭意企画中です!

 

 

▼開催告知は随時行いますので、こちらをチェックしていてくださいね。

・クラウドクレジット フェイスブックページ
 https://www.facebook.com/Crowdcredit/
・Peatix
 https://crowdcredit.peatix.com/view#

お読みいただきありがとうございました。
 

****************************************

ソーシャルレンディングの基本はこちらから。
https://crowdcredit.jp/sociallending/about/

当社の他のブログはこちらから。
https://crowdcredit.jp/blog/

当社からのニュースを受け取りたい方はこちらから。
https://crowdcredit.jp/#mail-magazine

マイページ登録受付はこちらから。
https://crowdcredit.jp/mypage/login

当社のファンド一覧はこちらから。
https://crowdcredit.jp/fund/

ファンドの手数料およびリスクについて
ご出資いただく際の販売手数料は頂いておりません。 なお、出資金に対して、年率換算で最大4.0%の運用手数料を運用開始時に(又は運用開始時及び2年度目以降毎年度に)いただきます 。また、為替手数料その他の費用をご負担いただく場合があります。
為替相場の変動、国の政治的・経済的なカントリーリスクや債務者の債務不履行等により、元本に欠損が生じるおそれがあります。ファンドごとに、手数料等およびリスクの内容や性質が異なります。 詳しくは、匿名組合契約書や契約締結前交付書面等をよくお読みください。