【重要なお知らせ】2018年12月から預託金口座のお預かり期限が設けられました。詳しくはこちら

お知らせ

【匿名化解除】「ペルー金融事業者支援ファンド」シリーズ貸付先公開のお知らせ


  • <投資家の皆様へ>
    2019年11月21日
    クラウドクレジット株式会社
     
    【匿名化解除】「ペルー金融事業者支援ファンド」シリーズ貸付先公開のお知らせ

     クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山智行、以下「当社」】は、「当社の貸付先匿名化解除に関わる情報公開の方針(※)」に基づき、「ペルー金融事業者支援ファンド」シリーズの貸付先(海外の資金需要者)を公開いたします。当社は今後も投資家の皆様が安心して資産形成および資産運用の一助となるソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)をご活用いただける環境を作るため、積極的な情報公開を推進してまいります。
    ※詳しくは「当社の貸付先匿名化解除に関わる情報公開の方針につきまして」(https://crowdcredit.jp/info/detail/302)をご参照ください。
     

    Cooperativade Ahorroy CréditoFONDESURCOメンバーと当社投資管理部の野中(写真中央)

    本ファンド(シリーズ)の実質的な貸付先の基本情報
    ファンド(シリーズ)名称 「ペルー金融事業者支援ファンド」シリーズ
    業者の名称 Cooperativa de Ahorro y Crédito FONDESURCO
    所在地 ペルー共和国 アレキパ
    Av. República de Argentina 326 Urb. La Negrita Arequipa -Perú
    業種 マイクロファイナンス(※)
    事業展開している国・地域 ペルー
    設立年月日 2015年2月11日
    主要メンバー 【General Manager】
    David Fidel Vela Quico
    【Sub General Manager】
    Carlos A. Marquez Moscoso
    従業員数 214
    ホームページ https://www.fondesurco.pe/(英語)
    備考 -
                                                         2019年10月7日現在
    ※マイクロファイナンスとは、主に発展途上国の貧困者向けに小口の融資や保険などを提供することで、彼らの経済的自立を支援するサービスのことです。

    本ファンド(シリーズ)の実質的な貸付先の事業内容
     Cooperativa de Ahorro y Crédito FONDESURCO(以下、「FONDESURCO社」)は、1994年にペルーの農村部でマイクロファイナンスを行うNGOとして設立された後、金融サービスの更なる充実を図るため、2015年2月に信用協同組合へと組織形態を変えたマイクロファイナンス機関です。
     FONDESURCO社は戦略的ビジョンとして①農村部にフォーカスすること、②環境に配慮した貸出を行うこと、③革新的な金融商品を届けることの3つを掲げており、これに基づいた事業活動を行うことで、ペルーの中でとくに金融サービスへのアクセスが乏しい農村部の金融包摂を促進し、貧困の削減と生活水準の向上に貢献しています。

    【会社概要】
    会社名:クラウドクレジット株式会社
    URL:https://crowdcredit.jp/
    代表者名:杉山智行
    所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
    設立:2013年1月/資本金等:2,084,546千円

    第二種金融商品取引業
    関東財務局長(金商)第2809号
    一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

    【本件に関するお問い合わせ先】
    クラウドクレジット株式会社 経営企画部
    Tel : 03-6268-9210/E-mail:info@crowdcredit.jp

    ◆ファンドの手数料等およびリスクについて
    ご出資いただく際の販売手数料は頂いておりません。なお、出資金に対して、年率換算で
    最大4.0%の運用手数料を運用開始時に(又は運用開始時及び2年度目以降毎年度に)いただきます。
    また、為替手数料その他の費用をご負担いただく場合があります。
    為替相場の変動、国の政治的・経済的なカントリーリスクや債務者の債務不履行等により、元本に欠損が生じるおそれがあります。ファンドごとに、手数料等およびリスクの内容や性質が異なります。詳しくは、匿名組合契約書や契約締結前交付書面等をよくお読みください。