【重要なお知らせ】2018年12月から預託金口座のお預かり期限が設けられました。詳しくはこちら

プレス

「中東地域IT商社支援ファンド」シリーズを 2019年10月10日より販売開始

  • <報道関係者各位>

    2019年10月10日
    クラウドクレジット株式会社
     

    「中東地域IT商社支援ファンド」シリーズを
    2019年10月10日より販売開始
     

     クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、2019年10月10日より「中東地域IT商社支援ファンド」シリーズの販売を開始いたします。
     本ファンド(シリーズ)は世界銀行が発表するビジネス環境ランキング(2019年版)で11位(日本は39位)と中東地域のみならず世界的に高い評価を得ているアラブ首長国連邦を拠点として、世界で情報通信機器の卸売事業を展開する専門商社向けの貸付案件となっております。
     
    Octagon社CEO(写真右)と当社商品部の白坂(写真左)

    本ファンド(シリーズ)の実質的な貸付先の基本情報
    ファンド(シリーズ)名称 「中東地域IT商社支援ファンド」シリーズ
    業者の名称 Octagon International FZCO
    所在地 アラブ首長国連邦 ドバイ
    業種 商社・卸売
    事業展開している国・地域 アラブ首長国連邦、米国、英国、オランダ、チェコ、シンガポール
    設立年月日 2007年3月15日
    主要メンバー 【CEO】Sukant Mishra
    【Vice President】Abhijeet Patale
    従業員数 22名(2019年8月31日時点)
    ホームページ https://octagondistribution.com/(英語)
    備考 -
                                                                                                                        2019年8月31日時点

    本ファンド(シリーズ)における実質的な貸付先の事業内容
     Octagon International FZCO(以下「Octagon社」)は、1990年代終わり頃からアフリカ・中東地域を中心に幅広い業種のIT化に携わってきたインド人の創業者で現CEOでもあるSukant Mishra氏がアラブ首長国連邦のドバイで起業した専業商社です。現在もドバイを拠点に世界各地のコールセンターや民間企業のITシステム向けの情報通信機器販売に特化した事業を展開しています。
     Octagon社CEOのSukant氏が生まれ育ったインドは、世界各国のIT事業分野で活躍する多数のエンジニアを輩出していることで知られていますが、Octagon社はそのような人的ネットワークを積極的に活用しています。現在では、中東地域のみならず、世界各国における情報通信機器やインフラの更新需要を商機として積極的に取り組んでおり、ドバイの他に、米国、英国、オランダの4拠点で営業人員と流通拠点を確保しています。なお、Octagon社はドバイから世界各国の顧客と取引を行う上で確実性を期すよう、全ての取引に保険会社による信用保険を適用することを原則としています。創業来、信用保険の申請があった案件は3件に留まっています。

    <無借金経営からクラウドファンディングの活用へ>
     2015年頃から損害保険業界では、特に中東・アフリカ地域について、政情不安の高まりを背景に信用保険の与信基準について厳格化を進めました。当時、Octagon社はこれらの地域を主要な商圏としていたことから、従前よりも取引の頻度が低下する事態となりました。そこで、Sukant氏は、事業規模を一旦縮小し、金融機関からの全ての借入を返済した経緯があります。しかし、2018年頃より先進国を中心とした次世代高速通信を想定した大規模な情報通信機器の更新やコールセンター建設のニーズの底堅い広まりが持続するとの見方を強め、これらの動向に対応すべく、事業拡大に方針を転換しました。
     現在、世界各国で第5世代移動通信システム(5G)の本格商業運用に向けた計画が進められていますが、特に欧米を中心に情報通信機器の更新ニーズが力強い伸びを見せています。Octagon社においても2019年7月末時点で未消化となっている注文の合計金額は、2019年3月までの1年間の売上に相当する規模までに積み上がっており、これらに対応できる素早い資金手当てが必要となっている状況です。CEOのSukant氏は、足下で急拡大する情報通信インフラの更新ニーズに対し、かつて利用していた伝統的な商業銀行からの融資よりもクラウドファンディングによる資金調達のほうが機動性に優れるとの見方から、当社クラウドファンディングを活用するに至りました。

    【会社概要】

    会社名:クラウドクレジット株式会社
    URL:https://crowdcredit.jp/
    代表者名:杉山智行
    所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
    設立:2013年1月/資本金等:2,084,546千円

    第二種金融商品取引業
    関東財務局長(金商)第2809号
    一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

    【本件に関するお問い合わせ先】
    クラウドクレジット株式会社 経営企画部
    Tel : 03-6268-9210/E-mail:info@crowdcredit.jp

    ◆ファンドの手数料等およびリスクについて
    ご出資いただく際の販売手数料は頂いておりません。なお、出資金に対して、年率換算で
    最大4.0%の運用手数料を運用開始時に(又は運用開始時及び2年度目以降毎年度に)いただきます。
    また、為替手数料その他の費用をご負担いただく場合があります。
    為替相場の変動、国の政治的・経済的なカントリーリスクや債務者の債務不履行等により、
    元本に欠損が生じるおそれがあります。ファンドごとに、手数料等およびリスクの内容や
    性質が異なります。詳しくは、匿名組合契約書や契約締結前交付書面等をよくお読みください。