【重要なお知らせ】2018年12月から預託金口座のお預かり期限が設けられました。詳しくはこちら

セミナー

ソニーフィナンシャルホールディングス共催『外貨による資産形成』セミナーを実施

  • <報道関係者各位>

    2019年9月30日
    クラウドクレジット株式会社
     

    ソニーフィナンシャルホールディングス共催
     『外貨による資産形成』セミナーを実施

     

     クラウドクレジット株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」)と、ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石井 茂)は、2019年9月25日(水)に、『外貨による資産形成』と題したセミナーを開催いたしました。当日は、ゲストとして、ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部シニアアナリスト 石川 久美子様をお招きしご講演いただきました。

    外貨の特性と外国為替市場を取り巻く環境

     石川久美子様より、ドル円相場のご説明、各国のファンダメンタルをベースとした為替市場のご説明のほか、政治情勢、地政学的情勢から読み解く世界経済の見通しといったさまざまなテーマを解説いただきました。石川様のアナリストとしてお持ちの深い洞察や分析から生み出される分かりやすいご説明に参加者のみなさまも引き込まれている様子でした。



    ソニーフィナンシャルホールディングス:
    金融市場調査部 シニアアナリスト 石川 久美子様

    新興国市場投資の心構え
     石川久美子様のプレゼンテーションに続いて、当社運用部マネージャーの林茂より「新興国市場投資の心構え」と題して主に新興国市場の金利商品投資に際する留意点を説明させていただきました。各国の債券利回りや政策金利動向、および新興国のファンダメンタルが為替相場に与える影響といった新興国市場に投資するにあたって押さえておきたいポイントを解説いたしました。
     最後に、参加者のみなさまからの質問を受け付けました。「日本経済や世界経済を今後どのように見ていくべきか?」、「為替相場を分析するにあたって重要なポイントとは?」など様々な質問がありました。



    当社運用部マネージャー:林茂
     

    外貨で資産を形成することの意義
     日本円のみに比重を置いた資産形成は、インフレなど資産価格変動のリスクにさらされる可能性もあります。資産を形成するにあたっては、リスク、金額、期間などさまざまな事柄を分散し、組み合わせることが大切であるといわれています。当社は、「成長国の成長企業に対してリスクに見合った金利水準での貸付を行うことで、世界の成長を金利で取り込む投資を行う」をミッションとし、さまざまな金融商品を販売、そして運用を行っております。
     参加者のみなさまからは「世界の中での金利の流れが分かった」「分散を行う重要性を理解できた」など多くのポジティブな言葉が聞かれました。今後も、金融や投資等に関する情報を積極的に発信することで、みなさまの資産形成に貢献していく所存です。



    ソニーフィナンシャルホールディングス:石川久美子様(左)、

    当社代表取締役:杉山智行(中)、当社運用部マネージャー:林茂(右)


    【会社概要】
    会社名:クラウドクレジット株式会社
    URLhttps://crowdcredit.jp/
    代表者名:杉山智行
    所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
    設立:20131/資本金等:2,084,546千円

    第二種金融商品取引業
    関東財務局長(金商)2809
    一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

    【本件に関するお問い合わせ先】
    クラウドクレジット株式会社 総務部
    Tel : 03-6268-9210/E-mailinfo@crowdcredit.jp

    ※当プレスリリースはクラウドクレジットの事業に関する情報提供のみを目的とするものであり、特定のファンドへの投資の勧誘を意図するものではありません。