【重要なお知らせ】2018年12月から預託金口座のお預かり期限が設けられました。詳しくはこちら

セミナー

コモンズ投信株式会社と共催で 「運用業者と個人投資家、それぞれにとっての投資哲学とは」 と題したセミナーを開催

  • <報道関係者各位>
    2019年8月19日
    クラウドクレジット株式会社
     

    コモンズ投信株式会社と共催で
    「運用業者と個人投資家、それぞれにとっての投資哲学とは」
    と題したセミナーを開催

     

     クラウドクレジット株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」)と、コモンズ投信株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊井 哲朗)は、2019年8月10日(土)に、「運用業者と個人投資家、それぞれにとっての投資哲学とは」と題し、セミナーを実施いたしました。

    コモンズ投信株式会社のミッションと考え方

     コモンズ投信株式会社の代表取締役社長伊井哲朗様より、同社が投資哲学として大切にしている「長期投資の精神」に加え、「日米の金融資産の推移」、「企業価値の評価軸」、「日本と世界の投資家の目線の違い」などについてご説明いただきました。伊井社長の分かりやすい説明に参加者も引き込まれている様子でした。
     


    コモンズ投信株式会社 代表取締役社長 伊井 哲朗様


    クラウドクレジットの投資哲学と資産運用において「大切なこと」
     コモンズ投信株式会社のプレゼンテーションに続いて、当社代表取締役社長の杉山智行より、「当社について」、「著名な投資信託会社の投資哲学」および「当社が目指すビジョンや投資哲学」について説明いたしました。
     最後に、参加者のみなさまからの質問を受け付けました。「それぞれの会社でその投資哲学を持つに至った背景とは?」、「企業理念が浸透している会社とは?」など様々な質問がありました。また、最後に質問があった「今後、取り組みたいこと」では、伊井社長より「運用会社として、投資家の声を企業に届けていくことで投資先の企業価値を高め、社会に良い影響を与える企業を作っていきたい」という力強いメッセージをいただきました。
     


    当社代表取締役社長:杉山智行(左)、コモンズ投信株式会社:伊井 哲朗様(右)


    資産運用と切っても切り離せない「投資哲学」
     「貯蓄から投資へ」という流れは、個人投資家にも広がっており、「なぜ資産運用を行うのか」ということを改めて考える動きが広がっています。当社は、運用ポジションとして「成長国の成長企業に対してリスクに見合った金利水準での貸付を行うことで、世界の成長を金利で取り込む投資を行う」、投資哲学として「金融で世界を繋ぐ」と設定し、さまざまな金融商品を販売、そして運用を行っております。
     今回のセミナーでは、参加者から「両社の代表の考え方を知ることができた」「投資に対してどういう姿勢を取ればよいのか学べた」など多くのポジティブな言葉が聞かれました。今後も、金融や投資等に関する情報を積極的に発信することで、みなさまの資産形成に貢献していく所存です。

    【会社概要】
    会社名:クラウドクレジット株式会社
    URLhttps://crowdcredit.jp/
    代表者名:杉山智行
    所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
    設立:20131/資本金等:2,084,546千円

    第二種金融商品取引業
    関東財務局長(金商)2809
    一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

    【本件に関するお問い合わせ先】
    クラウドクレジット株式会社 総務部
    Tel : 03-6268-9210/E-mailinfo@crowdcredit.jp

    ※当プレスリリースはクラウドクレジットの事業に関する情報提供のみを目的とするものであり、特定のファンドへの投資の勧誘を意図するものではありません。