【重要なお知らせ】2018年12月から預託金口座のお預かり期限が設けられました。詳しくはこちら

お知らせ

【匿名化解除】「中東地域ソーラー事業者支援ファンド」シリーズ貸付先公開のお知らせ


  • <投資家の皆様へ>

    2019年7月22日
    クラウドクレジット株式会社
     

    【匿名化解除】「中東地域ソーラー事業者支援ファンド」シリーズ貸付先公開のお知らせ

     

     クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山智行、以下「当社」】は、「当社の貸付先匿名化解除に関わる情報公開の方針(※)」に基づき、「中東地域ソーラー事業者支援ファンド」シリーズの貸付先(海外の資金需要者)を公開いたします。当社は今後も投資家の皆様が安心して資産形成および資産運用の一助となるソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)をご活用いただける環境を作るため、積極的な情報公開を推進してまいります。
    ※詳しくは「当社の貸付先匿名化解除に関わる情報公開の方針につきまして」(https://crowdcredit.jp/info/detail/302)をご参照ください。
     


    GES社親会社のODASCO社メンバーと当社商品部の白坂(写真左)


    本ファンド(シリーズ)の実質的な貸付先の基本情報

    ファンド(シリーズ)名称 「中東地域ソーラー事業者支援ファンド」シリーズ
    業者の名称 GLOBAL ENERGY SYSTEMS – FZE
    所在地 アラブ首長国連邦 ドバイ
    SM-OFFICE-C1-1305E
    業種 ソーラー発電ソリューション事業(エンジニアリングソリューション事業を営む親会社あり)
    事業展開している国・地域 アラブ首長国連邦、クウェート、オマーン、ヨルダン
    設立年月日 2018年10月15日(エンジニアリングソリューション事業を営む親会社は1998年8月12日)
    主要メンバー 【CEO】Sad Mohd Ali Al-Abed
    従業員数 2名(エンジニアリングソリューション事業を営む親会社の従業員数は120名)
    ホームページ https://www.odasco.com/(英語)(※)
    備考 信用補完あり(※※)
                                                     2019年5月27日現在
    ※GES社親会社のODASCO社のホームページを記載しております。
    ※※信用補完とは、投資家の皆様へ販売する金融商品において、元利払いを確実にするために商品の信用を高める仕組みのことです。保険会社が提供する信用保険のほか、グループ会社や金融機関などの第三者による保証などの方法があります。

    本ファンド(シリーズ)の実質的な貸付先の事業内容
     GLOBAL ENERGY SYSTEMS – FZE(以下、「GES社」)は親会社のODEH ASALEM AUTOMATION SYSTEMS –  ODASCO LLC(以下、「ODASCO社」)が海外からの資金調達を行うことを目的にアラブ首長国連邦内の経済特区に設立された特別目的会社です。本ファンドはODASCO社の保証付きの貸付であり、ソーラー発電ソリューション事業の推進を支援します。
     1年間の半分が概ね摂氏30度以上、夏季には40度を超えるような過酷な気象条件の都市も多い中東地域では、人々が健康的な生活を維持する上でインフラ関連事業は特に重要な役割を果たしています。2019年現在、ODASCO社グループは中東地域ではドバイのほか、クウェート、オマーン、ヨルダンに支社を有しており、これまでの実績を背景に、通信施設のほか、政府系施設や病院などの公共インフラにおける電化システムの導入からスマートシティ事業など、付加価値の高いサービス提供に取り組んでいます。

    【会社概要】
    会社名:クラウドクレジット株式会社
    URL:https://crowdcredit.jp/
    代表者名:杉山智行
    所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
    設立:2013年1月/資本金等:2,084,546千円

    第二種金融商品取引業
    関東財務局長(金商)第2809号
    一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

    【本件に関するお問い合わせ先】
    クラウドクレジット株式会社 経営企画部
    Tel : 03-6268-9210/E-mail:info@crowdcredit.jp

    ※当お知らせはクラウドクレジットの事業に関する情報提供のみを目的とするものであり、特定のファンドへの投資の勧誘を意図するものではありません。