【重要なお知らせ】2018年12月から預託金口座のお預かり期限が設けられました。詳しくはこちら

プレス

「インドネシア小水力発電支援ファンド」シリーズを3月26日より販売開始

  • <報道関係者各位>
    2019年3月25日
    クラウドクレジット株式会社

    「インドネシア小水力発電支援ファンド」シリーズを
    3月26日より販売開始

    ~インドネシア・スマトラ島の電力供給が乏しい地域へ
    安定的でクリーンな電力を供給~

      クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、3月26日より「インドネシア小水力発電支援ファンド」シリーズの販売を開始いたします。
      

    水力を活用する北スマトラ州の河川



    建設現場でのCA社関係者と当社スタッフ

    環境負荷の少ない電力供給を促す小水力発電所の建設
    本ファンドシリーズの貸付先は、2014年にインドネシアで設立され、河川の水の流れの力を活用し発電を行う小水力発電所の建設などを推進するCA社です。

    現在、インドネシア政府は、固定買取制度(FIT)を導入し、民間セクターの力で未電化地域の電化、電力不足の解消、再生エネルギーの活用を積極的に進めるなど環境関連の事業を手掛ける企業には、多くの事業機会が生まれています。本ファンドシリーズは、CA社が特別目的会社(SPC)を通して手掛ける、スマトラ島の小水力発電プロジェクトの建設資金の一部に活用されます。

    プロジェクトの場所は、スマトラ島の北側、世界最大のカルデラ湖であるトバ湖近郊の、北スマトラ州フンバン・ハスンドゥタン県の河川です。河川の周辺地域は既存の電力供給網はあるものの、近年の観光業を中心とした地域の発展に電力供給が追い付かず、恒常的な電力不足が課題となっています。当プロジェクトは、10MWの新たな小水力発電所を建設することで、環境負荷の少ない持続可能な社会生活の発展に寄与することを目指しています。


    詳細はこちらからご覧いただけます。