プレス

第一生命保険及び三菱UFJキャピタル からの資金調達のお知らせ

  • 2018年4月5日

    報道関係者各位
    ニュースリリース
    クラウドクレジット株式会社

     

     
    第一生命保険及び三菱UFJキャピタル
    からの資金調達のお知らせ
     

    クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、第一生命保険及び三菱UFJキャピタルを引受先とする約1.3億円の資金調達の実施に合意したことをお知らせ致します。2017年12月4日に発表した分を含めると、今回のシリーズでは合計5.3億円の資金調達となります。

    このうち、第一生命保険からの資金調達については、ESG投資の一環であるインパクト投資に該当します。ESGとは、それぞれEnvironmental、Social、Governance の頭文字です。第一生命保険は、安全性・収益性の視点に加え、社会性・公共性(環境保護や社会貢献、ダイバーシティへの取組み、コーポレートガバナンス等)の視点も盛り込んだESG投資に取り組んでいます。なかでも、運用収益の獲得と社会的インパクトの創出(社会の構造変化等)の両立を意図して投資判断を行う投資手法を「インパクト投資」として定義しています。

    詳細は、第一生命保険によるプレスリリース
    http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2018_002.pdf)をご確認下さい。

     

    今回のシリーズの資金調達により、当社は、引き続き、
    ・ファンド審査プロセスの強化による組成件数および種類の増加
    ・保有ポートフォリオの状況およびリスク・リターンの可視化に係る機能の開発、実装
    ・コンプライアンスおよびオペレーション体制の更なる強化
    ・上記を行うためのファンド組成・運用担当者、金融エンジニア、管理部門担当者等の採用
    等を通じ、引き続き経営基盤及び運営体制の強化・投資家の皆様向けのサービスの充実を図っていきます。

    ■今回の主な資金調達先一覧(※五十音順)
    ・ 第一生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲垣 精二)
    ・ 三菱UFJキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:半田 宗樹)が運営するファンド(名称:三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合)
     

     

    ■海外特化のソーシャルレンディング『クラウドクレジット』について
    ペルー、カメルーンなど発展途上国の資金需要者と日本の個人投資家を繋ぐ金融サービス「ソーシャルレンディング」の事業者として2013年1月に設立、2014年6月にサービス開始。世界のローンに分散投資ができるという新しい投資機会、また低金利下の日本において期待利回り約5%~13%を中心とした商品に共感をいただき累計出資金額90億円超、ユーザー登録数24,000名超(2018年4月5日時点)と、着実に成長を続けています。

     

     

    【会社概要】
    会社名:クラウドクレジット株式会社
    URL:https://crowdcredit.jp/
    代表者名:杉山智行
    所在地:〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
    設立:2013年1月
    資本金等:1,234,548千円
    第二種金融商品取引業
    関東財務局長(金商)第2809号
    一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入

     

    【本件に関するお問い合わせ先】
    クラウドクレジット株式会社 財務担当:坂本 広報担当:水野 
    Tel : 03-6268-9210
    E-mail:info@crowdcredit.jp

     

    ※当プレスリリースはクラウドクレジットの事業に関する情報提供のみを目的とするものであり、特定のファンドへの投資の勧誘を意図するものではありません。