プレス

ニカラグア金融事業者支援ファンドを販売開始

  • 2018年3月26日

    報道関係者各位
    プレスリリース

    クラウドクレジット株式会社

     

    世界の資金需給を繋ぐクラウドクレジット
    ニカラグア金融事業者支援ファンドを販売開始

     

     

     クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、3月27日より「ニカラグア金融事業者支援ファンド」の販売を開始いたします。


    当ファンドでは、中米のニカラグア共和国にて中小企業向け貸付を中心に、個人・法人向け貸付事業を展開している金融機関(以下I社)に対して、クラウドクレジット・ファンディング合同会社のエストニアグループ会社(Crowdcredit Estonia OÜ) が米ドル建で貸付を行います。I社は現在、公的機関である中米経済統合銀行(Central American Bank for Economic Integration)や欧米の社会投資ファンドであるOikocredit(オイコクレジット)からも資金調達を行っていますが、ニカラグア国内で競合他社が参入してくる中、本ファンドにて調達した資金を原資として、最終資金需要者への貸付をさらに増強することで競合他社との差別化を図る計画です。

     

     I社は1997年に設立した金融機関で郊外を中心に、主力である中小企業向け貸出事業、クレジットカード事業を中心に幅広く金融サービスを展開しております。中でもI社の関連IT会社と連携した金融サービスが特徴的で、給与の総合振込や、車両のGPS位置情報と連動したフリートカード(ETCと給油の両方に使えるカードのこと)など、顧客のお金にまつわる事務の迅速化、効率化に貢献しています。I社の貸付先は主に小売・サービス業を営む零細企業ですが、I社は貸付先の審査を厳格に実施しており、その結果不良債権比率を3期連続で1%台に抑えています(2017年12月時点)。同社は健全な事業運営と特色のあるサービス提供を通じて、継続的に黒字計上および増収増益を達成しています。

     

    詳細はこちらからご確認いただけます