プレス

ペルーマイクロファイナンス支援ファンドを販売開始
世界の資金需給を繋ぐクラウドクレジット

  • 2018年1月10日

    報道関係者各位
    プレスリリース

    クラウドクレジット株式会社

     

    世界の資金需給を繋ぐクラウドクレジット
    ペルーマイクロファイナンス支援ファンドを販売開始

     

     この度、クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、1月10日よりマイクロファイナンスファンドシリーズ、「ペルーマイクロファイナンス支援ファンド」の販売を開始いたします。

     

     当ファンドはペルー北部のトルヒーヨ市でマイクロファイナンス事業を営む貸付事業者G社へ融資を行うファンドです。クラウドクレジット株式会社のエストニア子会社(Crowdcredit Estonia OÜ)が貸付を行い、その100%をペルー3大貯蓄信用組合の一つである日系人による互助組織に由来するH社が債務保証するスキームをとり、当社のファンドの中でも信用リスクをおさえたファンドになっています。
     
    G社は2007年に創業。現在12店舗をペルー北部地域に展開し、①手元に資金が無い個人の零細ビジネスに対する融資、②農業・畜産業向けの融資、③子供の学費や家屋の修繕に必要な資金を提供するコンシューマーローンの3つの分野で都市部や農村部の人々へ資金を届けています。
    G社に対して100%債務保証をする貯蓄信用組合H社は、貸付事業者G社の当社子会社に対する返済が万が一滞った場合には、その元本と利息の全額を当社子会社に対して返済します。H社は首都リマに本拠地を置く、日系人による互助組織に由来する金融機関で、2016年末時点で資産残高約13億ソル(約455億円)、貸付残高約10億ソル(約350億円)、当期純利益約1100万ソル(約3億9000万円)という、大手の貯蓄信用組合です。

     

     当社といたしましては、本ファンドを通じてお客様に、ぺルーの高い経済成長にアクセスする機会と、高い社会的インパクトを低いリスクで達成できる投資機会を提供できると考えております。

     

    詳細はこちらからご確認いただけます