プレス

ペルー金融事業者支援ファンド販売を開始
世界の資金需給を繋ぐクラウドクレジット

  • 2018年1月9日

    報道関係者各位                               
    プレスリリース

    クラウドクレジット株式会社

     

    世界の資金需給を繋ぐクラウドクレジット
    ペルー金融事業者支援ファンド販売を開始

     

     

     この度、クラウドクレジット株式会社【本社:東京都中央区、代表取締役社長:杉山 智行、以下「当社」】は、1月9日よりマイクロファイナンスファンドシリーズの第1弾として「ペルー金融事業者支援ファンド」の販売を開始いたします。

     

     当ファンドは1994年にペルーの農村部でマイクロファイナンスを行うNGOとして発足し、その後金融サービスの更なる充実を図るために信用協同組合へと形態を変えた金融事業者F社へ融資を行うファンドです。
    金融事業者F社は創業以来23年、既存の金融システムから除外された人々に対して適正な金融サービスを提供する「金融包摂」を促すべく活動しており、ペルー南部のアレキパ地域におけるこの分野のリーダー的機関として活躍しています。

    ペルーは、アスパラガス、トウモロコシ、アボカドといった農産物では世界有数の生産量を誇る国でもあります。金融事業者F社は、農村地域の人々へサービスを提供することにより貧困削減・生活水準の向上を支えています。また、それ以外にも環境に優しい事業に融資をし、環境に悪影響のある事業への融資を行わないなど、特色のあるビジョンを打ち出しています。
     
    また、財務面においても健全な経営を続けており、創立以来順調に業績を伸ばし、2017年10月時点での貸出総額は22億円(現地通貨PENで約6千4百万PEN)を越えました。これは、2016年1年間のF社グループの貸付額(21億円程度)を既に超えており、貸付事業の好調ぶりを伺うことができます。