【重要なお知らせ】2018年12月から預託金口座のお預かり期限が設けられます。詳しくはこちら
社会インパクト投資とは?

社会インパクト投資とは?

近年、「社会インパクト投資」という投資手法が世界中で注目を浴びています。

社会インパクト投資とは、貧困層支援や教育問題など社会的課題の解決に取り組む企業や領域に投資し、経済的なリターンと社会的なリターンの両立を実現する投資手法を指します。

これまでの、リスク/リターンという経済的なパフォーマンス指標だけではなく、社会的リターンについても「計測」していく点が盛り込まれており、その計測方法については積極的な議論が行われています。
これまでの投資の考え方:
リスクとリターンの2軸の投資
リスクとリターンの2軸の投資
社会インパクト投資の考え方:
リスクとリターンの2軸に、3軸目の「インパクト」を加える。
投資にさらに深みや奥行きをもたらすイメージ
「インパクト」を加えた3軸の投資
※社会インパクト (社会に改善をもたらす前向きな変化) の事例
メキシコのイザベルさんは、当社のメキシコ女性起業家支援ファンドの貸付先「K社」から資金を借り、自宅に小さなお店を開きました。所得が増え、生活の質の向上を目指すことができるようになりました。
詳細は こちらのページ をご覧ください
クラウドクレジットが考える「社会インパクト投資」とは
では、社会的リターンとはどのようなものでしょうか。また、それはクラウドクレジットの事業とどのように関わってくるのでしょうか。

クラウドクレジットは、開業当初から経済的リターンと社会的リターンの両立を目指す投資や融資を世界中で行ってまいりました。利益のみを追求するファンドという観点ではなく、資金が現地に回っていくことでどのような問題が解決されるか、現地の人々の雇用や生活が改善するきっかけとなりえるか、こういった観点も重視しながら様々なファンドを立ち上げてきた実績があります。

社会インパクト投資には経済的リターンだけでなく、社会的目標の達成が求められます。例えば、現地の生活を向上させる、多くの家庭に電力を融通させるといった目標が設定されています。当社では、社会インパクト投資を「リスクに見合った経済的リターンの獲得と特定の社会的目標の達成を両立することを意図した投資。社会的目標の達成度については継続的にそれを計測する。」と定義しました。これには、社会的目標の達成のために経済的リターンをあきらめたり、妥協したりしないという意味が込められています。また、社会インパクトについては継続的にモニタリング・情報公開をすることで、社会的目標の達成に対して客観的に責任を持つ考えです。
クラウドクレジットによる「社会インパクト投資」の定義
“リスクに見合った経済的リターンの獲得と特定の社会的目標の達成を両立することを意図した投資。社会的目標の達成度については継続的にそれを計測する。”
クラウドクレジットによる「社会インパクト投資」の定義
当社として社会インパクト投資の推進に向け積極的に取り組んでいくという意志を示すべく、社会インパクト投資宣言を発表しました。
もちろん、社会的目標を達成するという目的だけで事業を継続させることはできません。投資家の皆さまに、よりバリエーションに富んだ投資機会および経済的リターンをご提供することも引き続き目指してまいります。