【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト5号

運用状況 > カメルーン中小企業支援プロジェクトシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月15日

 

【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト5号

運用状況についての運用終了時報告

 

 

 表記ファンドは2017年2月末、8月末と期間を延長してまいりましたが、このたび未返済元本と延長期間に係る利息の分配を完了いたしましたので、運用終了時報告を以下の通りご連絡申し上げます。

 

投資資金総額                    :JPY 35,050,000.-

 うちグループ会社貸付金額 :JPY 35,050,000.-

 

=== 運用開始時の状況 ===

グループ会社貸付実行日 : 2016年8月15日

グループ会社貸付金額  : EUR 309,355.69 

適用直物EURJPYレート   : 113.30

適用先物EURJPYレート   : 112.5265  (当初予定返済日)

グループ会社貸付期間      :  2016年8月15日から2017年2月25日

資金運用日数      : 194日

グループ会社貸付金利(年利) : 14.9%

 

===運用終了時の状況===

予定グループ会社返済利息額 : EUR 24,499.28 

延長期間に係る利息額    : EUR 1,727.64 

実現グループ会社返済利息額 : EUR 26,226.92 

実現元利金返済額      : EUR 335,582.61

グループ会社負担外為両替手数料 : EUR 50.52

出資者返済原資       : EUR 335,633.13 

 うち運用手数料          : JPY 175,250.-

円貨換算出資者返済原資   : JPY 37,839,154.-

ファンドの実現利回り    : 12.8% (期間:2016年7月31日~2017年11月5日)

募集時期待利回り      : 12.0% (期間:2016年7月31日~2017年3月5日)

 

 

 

【運用者コメント】

本ファンドの出資金は当社(本件営業者)から本件営業者グループ会社(Crowdcredit Estonia OÜ)に貸し付けられたのち、本件営業者グループ会社から本件債務者(Pan Africa Investment Funding Limited PCC)に貸し付けられました。その後、本件債務者はカメルーン共和国に所在する本件オリジネーター(Ovamba Cameroon Solutions Sarl(以下「オバンバ社」))が組成するトレードファイナンス事業に参加しておりました。

そのなかで、本ファンドの出資金にて参加したトレードファイナンス事業5件のうち1件について、資金需要者であった中小事業者(A社)からの返済が滞りました。このため本ファンドは販売当初の予定期日に満額返済を行うことができず、2017年2月、8月と二度にわたって期間延長して参りました。

その間オバンバ社は延滞債権の回収手続きを進めてまいりましたが、このたび当初のトレードファイナンス契約に基づき、A社が買戻しできなかった土地及び建物といった不動産に対する請求権を第三者に売却することにより、資金の回収を完了いたしました。

これによりオバンバ社から本件債務者へ、本件債務者から本件営業者グループ会社へ、本件営業者グループ会社から本件営業者へと返済が行われ、2017年10月期において、延滞していたカメル―ンのトレードファイナンス残額に係る未返済元本および延長期間に係る利息分を投資家様に分配することができました。

当初予定では本件営業者グループ会社への貸付の満期日である2017年2月期に元本EUR 309,355.69が返済されることとなっておりましたが、カメルーンのトレードファイナンス事業においてA社の延滞が生じたことから、EUR 17,488.07(=EUR 309,355.69-EUR 291,867.62)の元本が未返済となっておりました。

2017年10月期におきまして、その未返済元本とそれにかかる延長期間の利息額EUR 1,727.64を加えたEUR 19,215.71(=EUR 17,488.07+EUR 1,727.64)の返済がなされました。

 

今期までの最終的な通算の実現利回りは12.8%となりました。最終的な実現利回りがファンド募集時に見込んでいた12.0%を上回った主な理由として、2017年2月期に発生した未返済元本について為替差益が発生したことがあげられます。

貸付実行時に行われたユーロ・円の為替予約のレート112.5265に対し、2017年10月期の返済時には適用為替レート133.47と円安が進行したため、販売時の想定よりも多くの利益を得ることができました。

本ファンドでは為替予約をすることで為替リスクをヘッジしておりましたが、子会社貸付の返済スケジュールに変更が生じた場合、その変更分に対して新たに為替リスクが生じてしまいます。

結果として今回は利益を享受することができましたが、当社は他のカメルーン中小企業支援プロジェクトにつきましても、延滞することなく可能な限り予定通りの分配ができますよう、遅延時の担保回収プロセスの効率化など、パートナーであるオバンバ社と協力しながら投資家様への利益最大化に邁進してまいります。

本ファンドは今回の元利金の分配をもって終了とさせていただきます。投資家のみなさまにおかれては、今後ともカメルーン中小企業支援プロジェクトをご愛顧いただければ幸いです。

 

 

 

<会社概要(クラウドクレジット株式会社)>

【代表者】杉山智行         【設立年月日】2013年1月

【資本金等】1,050,917千円       【URL】https://crowdcredit.jp/

第二種金融商品取引業
関東財務局長(金商)第2809号
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 加入