世界の信用市場をひとつに 0800-888-9610 (受付時間 平日10:00~18:00)
成約ローン総額
¥2,198,190,000-

スロバキアについて

スロバキアは国土約5万平方キロメートル(およそ日本の約七分の一)、人口はほぼ北海道と同じ540万人の小国で、ヨーロッパの中心に位置しています。20世紀までハンガリー王国の北部に属していましたが、第一次世界大戦後の1918年にチェコスロバキア共和国として独立を遂げました。第二次世界大戦後には工業化が進み、現在では自動車や電子機器の製造拠点が多く点在しています。

1989年には共産党支配を倒した民主化革命であるビロード革命を達成し、1993年にはチェコとの連邦を解消後はスロバキア共和国として独立しました。また、歴史的に近隣諸国との交流も盛んであったため、公用語はスロバキア語ですが、スロバキア人にはドイツ語、チェコ語、英語など2か国以上を話すバイリンガルがとても多いようです。

また、スロバキアの投資環境としては、前述の通り中欧の製造、流通において重要な位置にあることもあり、主に海外の大手自動車、液晶パネルメーカーなどの製造拠点としての投資が行われています。社会主義国家時代の教育訓練で養成された技能労働力や、相対的に低い賃金水準も、先進諸国からの投資を促しました。

2015年2月現在の中・東欧各国と欧州先進国の法定最低賃金

(注:ドイツ、スイスなど法定最低賃金がない国は除外)
(Eurostatの資料を基に資料作成)

スロバキアの経済の状況

2013年、高い失業率は個人消費を抑制しスロバキアの景気は勢いを失ったものの、2014年からは失業率改善から内需拡大の影響で回復の方向へシフトしています。

スロバキア 失業率の推移

(OECDのデータを基に資料作成)

失業率については、2008年の金融危機以降高い水準にとどまっておりましたが、2月5日に発表された欧州委員会のレポートによると、今後穏やかに低下する見通しとされております。2014年のスロバキアの景気は輸出が低迷したものの予想以上に回復し、その一番の要因となった内需拡大は今後も景気回復の原動力となりそうです。

脱ロシアに着目

主要輸出相手国であるウクライナの情勢悪化と景気低迷の影響を受け、2014年の第2、第3四半期に輸出額は下落。欧州委員会は2016年に輸出は回復に向かうと予測するものの、2014年は前年比マイナス4.4%、15年はより下落するとの見通しです。

スロバキア 貿易金額の推移

(OECDのデータを基に資料作成)

2014年現在のWTOのデータによると、スロバキアの最大貿易相手国はロシアで、輸出は4%、輸入では10%を同国が構成しています。また、欧州委員会によると、スロバキアのガス消費量に占めるロシアからの輸入比率は50%以上です。

現在ロシアはウクライナ問題を巡ってEUからの制裁を受け、金融危機に直面しています。原油価格やルーブル相場の暴落は、ロシア国内だけでなく、重要な地政学リスクとしてスロバキアの経済にも影響します。同国はエネルギー面でロシアに依存しているため、ガスパイプラインの建設計画中止や、供給ルート停止の可能性といった脱ロシアのための対策を現在積極的に行っています。
今年2月26日には欧州委員会がEU域内のエネルギー安全保障の強化に向けた取り組みを示すエネルギー同盟の戦略案が発表されるなど、エネルギー面での脱ロシアの具体化が進んでおります。

このまま脱ロシアへの取組が進み、失業率の低下が続けばスロバキアの経済は十分期待できるものではないでしょうか。

基本情報

国旗


データ

面積
49,037平方キロメートル
(日本の約7分の1)
人口
541.7万人
首都
ブラチスラバ
注:タリン歴史地区(旧市街)は1997年より世界遺産
通貨
ユーロ、コルナ
言語
ユーロ、コルナ
民族
スロバキア人(80.6%)、ハンガリー人(8.5%)
宗教
ローマ・カトリック69%、プロ手スタンド(ルター派)7%

歴史

9世紀
大モラビア国時代
10世紀
大モラビア国滅亡、ハンガリー王国の支配下に入る
1526年
ハプスブルク家の統治下に入る
1867年
オーストリア=ハンガリー二重帝国へ改組
1918年
第一次世界大戦後、チェコスロバキア共和国建国
1939年
ナチス・ドイツの影響の下、スロバキア独立
1945年
第二次世界大戦後、チェコスロバキア独立回復
1948年
共産主義体制確立
1968年
「プラハの春」事件
1969年
チェコスロバキアの連邦化
1989年
民主革命(「ビロード革命」)により共産主義体制が終焉
1993年
チェコと平和裡に連邦を解消し、独立
2004年
NATO、EU加盟

クラウドクレジットのFacebook

クラウドクレジットのTwitter